デイケアとは?

日常生活等で困難なことがあり、要介護認定をお持ちの方に対して外出機会の獲得や身体機能の向上のために運動できる場所を提供し、理学療法士・作業療法士が利用者様一人一人にリハビリを提供させていただき、個々の身体能力に合った運動プログラムや日常生活動作の指導をさせていただいております。また身体機能を把握した上で適切な介護方法をご家族様に提案できるのも私たちの強みです。

サービス内容

  • バイタルチェックなどによる医学管理
  • 理学療法士・作業療法士による個別リハビリテーション
  • マシンを使った身体機能トレーニング
  • 低周波やウォーターベッドなどによるリラクゼーション
  • 認知症予防の取り組み
  • 送迎サービス
  • ※食事、入浴はありません。

施設概要

利用対象者:要介護認定を受けている方(要支援1・2、要介護1~5の方)、または介護保険申請者の方です。
営業日・サービス提供時間
月曜-金曜 午前9:00〜10:30・午前10:45~12:15・午後13:30〜15:00・午後15:15~16:45
土曜 午前9:00〜10:30・午前10:45~12:15
土午後・日・祝日・お盆・年末年始はお休み
送迎エリア
中央通りより東、バイパスより北、春日川より西の区域。 【西の丸町、西内町、兵庫町、古新町、磨屋町、紺屋町、鍛冶屋町、亀井町、中新町、旅篭町、田町、南新町、丸亀町、寿町、玉藻町、丸の内、内町、片原町、百間町、大工町、今新町、御坊町、古馬場町、瓦町、常磐町、観光通、東田町、塩上町、八坂町、福田町、塩屋町、通町、鶴屋町、本町、北浜町、城東町、東浜町、井口町、末広町、築地町、藤塚町、栗林町、室町一部、室新町一部、東ハゼ町一部、上天神町一部、花ノ宮町、上之町、三条町、伏石町、桜町、楠上町、花園町、多賀町、松島町、松福町、福岡町、朝日町、朝日新町、観光町、上福岡町、今里町、松縄町、林町一部、六条町一部、木太町、元山町】
※デイケア東高松・西高松と送迎エリアが被らないよう上記の設定としておりますが、エリア外でもお気軽にご相談ください。
ご利用料金:パンフレット参照。
      • 医療法人社団 内視鏡診断クリニック デイケア内視鏡
      • 〒760-0066 香川県高松市福岡町4丁目28-30 (小竹ビル2階)
      • TEL:080-3127-6920 FAX:087-821-8878
      • E-mail:[email protected]

1日流れ

~9:00 / ~10:45 / ~13:30 / ~15:15 お迎え
9:00~9:05 / 10:45~10:50 / 13:30~13:35 / 15:15~15:20 バイタルチェック
9:05~10:30 / 10:50~12:15 / 13:35~15:00 / 15:20~16:45 個別リハビリ・リラクゼーション・マシントレーニング
10:30~ / 12:15~ / 15:00~ / 16:45~ お送り

リハビリテーション

  • 理学療法士・作業療法士による個別リハビリテーション

    一般的なデイケアでは要介護の方にのみ個別リハビリを行う施設が多いようですが、当デイケアは介護度を問わず利用者様全員へ個別リハビリを提供しています。それにより個々の能力に合わせた運動プログラムを指導することが出来ます。
  • 電気治療(干渉波・SSP)

    電気を使って痛みを緩和させる機器となります。電流により筋肉を動かすことで筋肉を柔らかくして血の流れを増加させ痛みを感じる物質を洗い流し、痛みの緩和を行います。
  • ウォーターベッド

    当施設は最新型のウォーターマッサージベッド(アクアキューブ)を2台 導入しております。従来の水圧刺激に肩専用Cubeノズルを加えることで 3次元アプローチが可能となった機器です。 「もみ」「たたき」「ほぐし」「さすり」「のばし」「おし」の6種類の 手技に見立てた水圧刺激にてマッサージ効果が期待できます。
  • トレッドミル

    屋内でウォーキングを行うための機器です。床のベルトが回転する。その方に合った回転速度を設定することができ、ベルトの上をウォーキングします。
  • ニューステップ

    低負荷から高負荷まで自在に設定でき、有酸素トレーニング、筋力トレーニングが座って行えるため、安全・効率的に行える全身運動機器となります。手と足を交互に動かします。
  • パワープレート

    1秒間に25~50回の高速振動であらゆる方向から全身の細部に負荷をかけることで、短時間で効果的なエクササイズをすることが可能です。  ◆期待できる効果◆    ①より多くの筋活動および高速な筋収縮    ②筋力およびパワーの向上    ③姿勢の改善と転倒リスクの低減    ④血流促進    ⑤柔軟性および可動域の向上
  • 平行棒(バランスビーム)

    平行棒内で柔らかなクッション素材の上をバランスを保ちながら歩いたり、横歩きで進んだりします。 バランス機能を向上させ、転倒予防につながります。

検査をご希望の方は、お電話にてお問い合わせください。

お問い合わせ先
お問い合わせ時間
月~金曜日 9:00~18:00
土曜日 9:00~13:00